過去ログ
キーワード 条件 表示

和氣乃會 事前講座 初心者のための能楽鑑賞入門  こっこ - 2014/07/11(Fri) 20:59 No.6570

9月4日・5日にワキ方の御厨誠吾さんの会がセルリアンタワー能楽堂で
行われるのですが、その事前講座です。
織瀬さんが書いてらっしゃる会のホームページにも
セルリアンのホームページにも載ってないんですけど
後から決まったのかしら?
とにかく別にチラシが出てたのをすでに投稿してあると思って
ほっておいてしまいました。。
遅くなり申し訳ありません。
まだ大丈夫かしら?よろしければ是非。

和氣乃會 事前講座 初心者のための能楽鑑賞入門

2014年7月27日(日)

午後5時半から6時半 国立能楽堂 大講義室
9月4日・5日 セルリアンタワー能楽堂での和氣乃會の事前講座
http://wakinokai.com/

テーマ 能 紅葉狩
講師 御厨誠吾
特別ゲスト 観世喜正 永島充
講座内容
 そもそも能とは何?音楽?踊り?演劇?
 能?能楽?
 能と狂言は同じもの?違うもの?
 シテとは?ワキとは?
 能を構成する三つの要素 謡 舞 囃子 実演あり
 能面・衣装・足袋 本物をご覧いただきます
 能のここが見どころ・聞きどころ 実際の動きを交えて説明
 能は難しい?わからない!? わからないから面白い!!
 能は日本文化の精華 先人より受け継ぎ次代へ伝えていくべきもの
 その他質問コーナーあり

講座終了後懇親会あり

●和氣乃會入場券お持ちの方 1000円
 講座のみ受講の方 2000円
 学生・未成年の方 無料(但し学生証などの証明書が必要)
■和氣乃會 FAX 03-5398-9737
nougaku.waki-mi★jcom.zaq.ne.jp ★を@に変えて送信してください
 記入内容
 住所・氏名・連絡先電話番号・メールアドレス・受講料料金区分
 講座終了後の懇親会参加不参加
 を記入の上送信
http://www.ceruleantower.com/nohtheater_schedule.html

Re: 和氣乃會 事前講座 初心者のための能楽鑑賞入門  しろ - 2014/07/12(Sat) 22:54 <URL> No.6575

こっこさん、書き込みありがとうございます。
和氣乃會は事前講座もあって、終了後の懇親会もあって、楽しそうですね(^^)


第19回武蔵国分寺薪能 観覧者募集  こっこ - 2014/07/11(Fri) 05:48 No.6569

武蔵国分寺薪能観覧者募集が始まってました。
中学生以上の市内在住の方に限られますが無料です。
往復はがきで申し込みが必要です。
7月22日(必着)締め切りです。

第19回 武蔵国分寺薪能

日時平成26年9月6日(土曜日)午後6時開演(開場5時)
会場 史跡武蔵国分寺跡 特設会場(西元町3丁目)
雨天の場合、市立第4小学校体育館
対象 中学生以上の市内在住の方
●入場料 無料 募集人数800人

演者佐渡能楽連盟、佐渡鷺流狂言研究会
演目能「羽衣」、狂言「蚊相撲」

応募方法

往復はがきで申し込み

185−0034
国分寺市光町1−46−8
ひかりプラザ2階
文化と人権課「薪能」係

1枚につき2人まで申し込み可能
それぞれの住所・氏名・年齢・電話番号を記入

返信おもて面にも住所氏名を記入

7月22日(火)(必着)※往復ハガキ1枚につき2人まで記入できますが
申込みは1人につき1回に限り。
1人で2枚以上の申込みは、無効となります。

■国分寺市役所 市民生活部 文化と人権課文化振興担当

電話番号:042-573-4378 

https://www.city.kokubunji.tokyo.jp/bunka/6017/004337.html

Re: 第19回武蔵国分寺薪能 観覧者募集  しろ - 2014/07/12(Sat) 22:48 <URL> No.6574

こっこさん、書き込みありがとうございます。
わぁ、鷺流の狂言が見られるんですね。
ご都合がつく方はぜひチャレンジしてみてください(^^)


伝統芸能バラエティボックス  こっこ - 2014/07/09(Wed) 06:52 No.6568

祇園祭後祭期間中に室町の京都芸術センターで
さまざまな伝統芸能を無料で体験できる催しがあるそうです。
予約も不要ですのでよろしければ是非!

伝統芸能バラエティボックス

2014年7月23日(水)

京都芸術センター フリースペース

<公演スケジュール>
7月23日(水)15:00〜20:00 30分ずつ以下を上演
15:00〜15:30 @「長唄」出演:杵屋勝七郎ほか
15:45〜16:15 A「能囃子」出演:河村大、曽和尚靖ほか
16:30〜17:00 B「noh play 能楽師・林宗一郎×現代美術家・ヤマガミユキヒロ」
17:15〜17:45 C「能」出演:片山伸吾、田茂井廣道、林宗一郎
18:00〜18:30 D「地歌」出演:岡田道明、野田友紀、菊央雄司
18:45〜19:15 E「祭文」出演:櫻川雛山
19:30〜20:00 F落言「神棚」(小佐田定雄作、茂山茂演出) 
            出演:茂山正邦、茂山茂、茂山童司、桂よね吉
●料金 無料
事前申し込み不要、各回入れ替え制

<トーク>
7月21日〜23日に祇園祭にまつわるトークも予定。
日時2014年7月21日 (月) - 2014年7月23日 (水)

<上映スケジュール>
7月21日(月・祝)・22日(火)13:00〜20:00 
伝統芸能や文化を紹介するプログラム「継ぐこと・伝えること」公演の記録を上映

■問合せ先 京都芸術センター Tel.075-213-1000
http://www.kac.or.jp/events/13725/

Re: 伝統芸能バラエティボックス  しろ - 2014/07/12(Sat) 22:47 <URL> No.6573

こっこさん、書き込みありがとうございます。
最後の落言は茂山家の皆さんもご出演のようなので、落語と狂言のミックスみたいな感じでしょうか(^^)


世阿弥忌とその関連行事  柏木ゆげひ - 2014/07/09(Wed) 01:29 No.6567

毎年8月8日は世阿弥の命日「世阿弥忌」です。
能楽学会が主体となって、奈良で「世阿弥忌セミナー」という催しが
毎年行われているのですが、今年は世阿弥の菩提寺である
補厳寺(ふがんじ)に「世阿弥参学之地」という石碑が建てられて
30周年という記念の年ということで、関連する特別行事が行われるようです。

前日、8/7(木)13時〜15時には、生駒市の宝山寺で
「世阿弥・禅竹自筆伝書等展観」。
金春家旧蔵の、世阿弥や金春禅竹の自筆伝書を含む様々な資料を、
解説付きで直に見ることができる貴重な機会です。

当日の朝9時からは補厳寺で参拝・納帳閲覧・謡奉納が催されます。
未確認ではありますが、謡はシテ方観世流・山本順之師の
《砧》ではないかとのことです。

10時半からは会場を田原本青垣生涯学習センター内弥生の里ホールに移して、
「補巌寺『世阿弥参学之地』建碑30周年記念行事」。
挨拶。講演「世阿弥と補厳寺」表きよし。
仕舞《屋島》《井筒》《野守》観世流山本家一門。
補厳寺に世阿弥の碑を建てるのに、中心的な役割を果たしたのが
能楽研究者の香西精先生と、
シテ方観世流の山本博之師(順之師の御父上)でした。

13時〜は同じ会場で「世阿弥忌セミナー」です。
テーマは「応永三十四年演能番組の再検討」。

補厳寺や田原本青垣生涯学習センター内弥生の里ホールは
駅から遠いので、当日は無料バスが運行されるとのことです。

詳しくは下記のサイトをご覧ください。
http://nohgakugakkai.cside.com/140808program.html

Re: 世阿弥忌とその関連行事  しろ - 2014/07/12(Sat) 22:44 <URL> No.6572

柏木ゆげひさん、書き込みありがとうございます。
どっぷり世阿弥にひたれる一日ですね(^^)


永青文庫「能を読む 細川家が一族で楽しんだある日の能」  紫苑 - 2014/07/09(Wed) 00:22 No.6566

永青文庫で能楽に関する展示が開催中です。


永青文庫 夏季展示 「能を読む 細川家が一族で楽しんだある日の能」

前期: 7/5(土)〜8/31(日)
後期: 9/2(火)〜9/28(日)

主な展示作品
花伝書抜書 細川忠興筆 細川幸隆奥書 慶長4年(1599)奥書 桃山時代(16世紀)成立
三斎様丹後江被成御座候節之御番附
田辺宮津所々古来番附 桃山時代(16世紀)成立 享保7年(1722)書写
翁(白式尉) 伝聖徳太子作 天下一出目右満極 前期展示
翁(黒式尉) 出目満永作 江戸時代(17世紀) 前期展示
謡本 細川忠興筆 桃山〜江戸時代(16〜17世紀) 後期展示
十六 出目満永作 江戸時代(17世紀) 後期展示
長絹 萌黄地花籠垣秋草文様 江戸時代(18世紀) 後期展示
能菅 銘 法橋 江戸時代(18世紀)
唐織 黒紅地御簾紅葉文様 江戸時代(17〜18世紀) 前期展示
能絵合かるた 明治時代(20世紀)


学芸員によるギャラリートーク
7月12日(土)、8月9日(土)、9月13日(土)
いずれも14時より、展示室にて行います


入館料
一 般:800円(団体10名以上は700円)
シニア(70歳以上):600円(団体10名以上は500円)
大学・高校生:400円
中学生以下:無料
※友の会会員、障害者手帳をご提示の方およびその介護者(1名)は無料

開館時間 10:00〜16:30(入館は16:00まで)

休館日 月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)

交 通 JR目白駅前より都営バス新宿駅西口行きにて「ホテル椿山荘東京前」下車 徒歩3分

永青文庫HP
http://www.eiseibunko.com/index.html

Re: 永青文庫「能を読む 細川家が一族で楽しんだある日の能」  しろ - 2014/07/12(Sat) 22:00 <URL> No.6571

紫苑さん、書き込みありがとうございます。
展示品の能絵合かるたってどうやって遊ぶんでしょうね。
どこかで復刻してくれないかしら。


夏休み・狂言おやこ教室  こっこ - 2014/07/02(Wed) 20:13 No.6554

先着順とのことですのでまだ大丈夫かわかりませんが。。
朝陽会館で狂言おやこ教室があるそうです。
善竹さんのホームページから申し込みできます。
よろしければ。

夏休み・狂言おやこ教室
【日時】7月28日(月)〜8月26日(水)全9回
【会場】朝陽会館 大阪市北区天神橋1-17-8
大阪天満宮正門前すぐ
【参加者範囲】
大阪府・大阪市内在住の小中学生校
保護者の方は、一緒にお稽古の様子を見学。
【受講料】無料 但しお稽古実費として1,500円(全9回分)

【申し込み方法】
(往復葉書にて申し込み)
往復葉書にて、受講生お名前(ふりがな・)・住所・電話番号・学校名・学年・保護者氏名
狂言教室希望と書いて下記にお送り下さい。
兄弟での参加はその旨を記載。

郵便番号530-0041 大阪市北区天神橋1-17-8
朝陽会館 狂言おやこ教室 係

(善竹会ウェブサイトメールフォームからのお申し込み)
○大蔵流狂言善竹会メールフォーム
受講生お名前・住所・電話番号・メールアドレス
公演名欄に「狂言おやこ教室」
備考欄に学校名・学年・保護者氏名を記載して送付。

締切7月22日(火)必着 先着順・定員20名

詳しくはこちらを メールフォームからの申し込みもこちら
http://www.kyogen.jp/


大鼓と仕舞も  こっこ - 2014/07/02(Wed) 20:16 No.6555

よく見ると大鼓と仕舞の教室もあるみたいですね。。。
うーん、チラシ拡大できないのでわかりませんが。。。
朝陽会館にお尋ねになるとわかると思いますhttp://choyokaikan.com/

申し込み専用フォーム  こっこ - 2014/07/03(Thu) 06:48 No.6557

拡大したチラシを送っていただいたのですが
時間がないのでまた後ほど詳細はお知らせします。
とりあえず申し込み専用フォーム
http://form1.fc2.com/form/?id=911898

仕舞・大鼓は定員20名。
10名に満たない場合は開催できないそうですので
是非お申込みください。20名なら足りないくらいだとおもうのですけど。。。

仕舞・大鼓の日程は7月26日から8月27日の9回。
各回10時から11時半です。
参加費は無料ですが実費が1500円。
狂言と一緒ですね。

能楽親子教室  こっこ - 2014/07/05(Sat) 10:07 No.6558

対象者 小中学生および保護者
    お子さんだけの参加も可能

定員 仕舞・大鼓・狂言 20名ずつ 
   10名に満たない場合は開催できません

申し込み締め切り 7月22日必着

往復はがきか申し込み専用フォームで申し込み

申し込み専用フォーム
http://form1.fc2.com/form/?id=911898

往復葉書にて申し込み
受講生お名前(ふりがな)・住所・電話番号・学校名・学年
保護者氏名
希望科目(仕舞・大鼓・狂言のいづれか)
能楽教室参加回数を記入し下記に送付。
兄弟での参加はその旨を記載。
返信の表にも住所・氏名を記入

530-0041 大阪市北区天神橋1-17-8
朝陽会館 親子教室 係

お稽古発表会スケジュール

仕舞・大鼓
7月26日・29日、8月1日・5日・8日・12日・19日・22日
8月27日に全科目合同発表会

狂言
7月28日・31日、8月4日・7日 8月12日は薪能鑑賞
8月18日・21日・25日
8月27日に合同発表会

参加費は無料ですが実費が各科目1500円かかります。

詳しいことが朝陽会館ホームページに出ました!
こちらを。
http://choyokaikan.com/

Re: 夏休み・狂言おやこ教室  しろ - 2014/07/08(Tue) 00:36 <URL> No.6564

こっこさん、書き込みありがとうございます。
続々と夏休み企画が出てきましたね(^^)
せっかくの機会なので、お近くであったら是非。


第15回能楽みどころ講座 能楽シテ方金春流宗家のお宝  こっこ - 2014/07/02(Wed) 22:23 No.6556

何だかとっても魅力的なタイトル。
よろしければ是非!

第15回能楽みどころ講座
能楽シテ方金春流宗家のお宝

9/20(土)
13:30開場 14:00開演 なら100年会館 小ホール
能楽シテ方金春流宗家ご所蔵の能面や伝書についてのお話を伺う講座

<出演>
 金春 安明師(能楽シテ方金春流八十世宗家・重要無形文化財能楽総合保持者)

【チケット発売】 7/5(土)
なら100年会館 窓口9:00〜(電話予約10:00〜)
nara100 Online Ticket
 (http://www.ticket.ne.jp/nara100onlineticket)9:00〜


10:00〜
ローソンチケット(0570-084-005 Lコード:54847)

学園前ホール

北部会館市民文化ホール

なら100年会館(0742-34-0111)での電話予約は、7/5(土)10:00〜
  ※但し、窓口販売で完売の際は、電話予約はございません。


第15回・第16回セット券をなら100年会館にて限定発売
通常2,000円のところ1,500円(数に限りあり)

●全席自由席 一般 1,000円
 16回(平成27年2月1日)とのセット券 1,500円
   
■お問合せ なら100年会館 0742-34-0111
http://www.nara100.com/event/s_140920.html

Re: 第15回能楽みどころ講座 能楽シテ方金春流宗家のお宝  しろ - 2014/07/07(Mon) 22:37 <URL> No.6563

こっこさん、書き込みありがとうございます。
金春流派宗家が八十世で古いお家だから宗家所蔵の能面や伝書は貴重な物がてんこ盛りなんでしょうね(^^)


Eテレ 古典芸能への招待  織瀬 - 2014/07/02(Wed) 15:07 No.6553

Eテレ『古典芸能への招待』今回は能だそうです。
放送時、テレビのリモコンのdボタンを押すと、
いろいろな情報が見られます。

----------------------------------------

7月27日(日)21:00〜23:00
能「屋島やしま 〜大事だいじ・奈須与市語なすのよいちかたり」〜観世流〜

シテ:観世銕之丞かんぜてつのじょう
ツレ:観世淳夫かんぜあつお
ワキ:森 常好もり つねよし
アイ:野村万蔵のむらまんぞう
笛 :藤田六郎兵衛ふじたろくろびょうえ
小鼓:大倉源次郎おおくらげんじろう
大鼓:柿原弘和かきはらひろかず   ほか

解説:羽田昶(武蔵野大学客員教授)
副音声解説:三宅晶子(横浜国立大学教授)
http://www.nhk.or.jp/koten/invite/

Re: Eテレ 古典芸能への招待  しろ - 2014/07/07(Mon) 22:35 <URL> No.6562

織瀬さん、書き込みありがとうございます。
わぁ、楽しみですね(^^)
能狂言がたくさん放送されるように、みんなで見て感想送りましょう(^^)/


謡講  こっこ - 2014/07/02(Wed) 03:32 No.6552

賀茂御戸代能・代主。
行ってきました!

自分で公演情報書いておいてなんですが、以前と会場が違ったんですね。
私が数年前行ったときは屋内で今回は細殿を舞台にしての薪能。
徐々に暗くなってオレンジ色の光の中で舞われる神舞は
なかなか雰囲気があって素敵でした。
ちょっと舞台が狭いので(囃子方と地謡は細殿の横の舞殿の方にいらっしゃいました)
シテは3歩ほどずつの前後の動きで
コンパクトに舞っていらっしゃいましたが。(苦笑)

今回のおシテさんの井上裕久さんがなさってる謡講。
チラシが配られ詳細がわかりました。
こちらも素敵な催しですのでよければ是非!

第43回 謡講・声で描く能の世界 京の町家でうたいを楽しむ

平成26年7月27日(日)

紫織庵 川崎家(京都市中京区新町通六角上ル)

都を遠く離れて〜各地を舞台にした名曲を謡う

第一部
午後2時
★独吟 安達原
★素謡 景清

第二部
午後5時
★独吟 海士
★素謡 山姥

出演 井上裕久 吉浪壽晃 浦部幸裕 橋本光史 井上裕之真

●出樽(入場料)各部2500円

■お問い合わせ 佐々木能衣装方 洛謡社事務局
 080−9123−2883 FAX 075−432−0561
 (月〜金曜日の10時から16時)

Re: 謡講  しろ - 2014/07/07(Mon) 22:23 <URL> No.6561

こっこさん、書き込みありがとうございます。
面をかけていつもと違うサイズの舞台というのは大変だと思いますが、歩数をかえて工夫されているんですね。


〜アートによる能案内〜 参加費無料  こっこ - 2014/07/02(Wed) 03:14 No.6551

大阪の山本能楽堂で行われてる「アートによる能案内」
能楽堂のホームページには詳細が載ってないようなのですが
こちらに内容が載ってました。
無料ですが事前申し込みが必要。
7月15日(必着)が締め切りです。
お早めに。

〜アートによる能案内〜

平成26年7月22日(火曜日)13:30〜16:00 ※受付13:00〜

国登録文化財 山本能楽堂(大阪市中央区徳井町1-3-6)

檜皮(檜の皮)を使って工作

能「高砂」を鑑賞

 ※動きやすく、汚れてもよい服装でご参加ください。


対象・定員
小学生100名

 ※同伴の保護者の方は、お子さんと別席。 

 ※申し込み多数の場合は抽選。

 ※抽選の結果は、7月18日(金曜日)までにお知らせ。

申し込み方法


@参加されるお子さん全員の氏名と学年(複数応募可能)

A郵便番号と住所

B電話番号

CFAX番号(FAXでお申し込みの方のみ)

Dメールアドレス(メールでお申し込みの方のみ)

E同伴される保護者の人数

を記入のうえ

往復はがき、FAXまたはメールにてお申し込み。

7月15日(火曜日)必着

申し込み・問合せ先


〒540-0025

大阪市中央区徳井町1−3−6

山本能楽堂「アートによる能案内」係


電話06-6943-9454  FAX06-6942-5744

Eメール noh@y.zaq.jp

詳しくはこちら
http://www.city.osaka.lg.jp/chuo/page/0000272403.html

Re: 〜アートによる能案内〜 参加費無料  しろ - 2014/07/07(Mon) 22:10 <URL> No.6560

こっこさん、書き込みありがとうございます。
能舞台の屋根って檜の皮なんですね。
どのくらいの大きさなんでしょう。見てみたいな-。


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | |